医療事務での派遣経験

医療事務での派遣経験

医療事務での派遣経験

以前、市立病院で医事業務を民間委託することになった私の街で派遣会社が募集をしていたので登録して働いたことがあります。
その第一号として採用されたので実際の病院での仕事は年度が替わった4月からのスタートだったのですが派遣会社で医療事務の講習をしてくれて1月〜3月は研修生として賃金を貰いながら勉強しました。
資格も2回チャレンジしたのですが医療事務の資格は取れませんでしたが、特に会社から立場上まずいとか居づらくなるとかはなかったです。
職場も結局市立病院なので福利厚生などの面は個人病院と違ってしっかりしていて働きやすかったです。
ただ田舎の総合病院なので患者数が多く、こなさないと行けない仕事は膨大でそういう意味では大変でしたがやりがいはありました。
その後、妊娠をきっかけに職を離れたのですが良い経験になりました。
今思えばもう少し頑張って資格は取っておけばよかったと後悔してるぐらいで職場的には良かったです。
今は電子カルテになってるだろうから私の経験が活かせるかは微妙ですが、これから医療は人手を欲してると思うので働く職場にも寄りますが総合病院は大きい分、安定と変な派閥や人間関係も特にないと思います。
忙しいのでそんなに人の事を構っていられないと思うので自分の目の前の仕事を頑張れば上司からの評価も悪くならないのでやりがい、面倒な人間関係に巻き込まれたくない人には良いと思います。

今の若者にとって、働くことは?派遣とアルバイトどちらでもいいのだろうか?

現在は、働くということの形態が、複数のパターンがあって、以前よりもいろいろな形で仕事をしている人がたくさんいるのには、おどろかされてしまいます。もはや、終身雇用などということなど死語に近く、大学を卒業して就職してもアルバイトという感覚が近いような気がします。せっかく頑張って、学生生活で学んだことも、まるで生かせず、学んだこととはまるで関係ないことを、いつ辞めてもいいような感覚ではたらくというのは、少し残念だしような気がします。
以前は、正社員と派遣会社から派遣という形くらいだったのが、今は、正社員は、ごく僅かで、派遣社員とアルバイトが主体となっているような気がします。
お給料や福利厚生面で派遣社員とアルバイトで少しは差があるのでしょうか。あまり感じられないのは不勉強だと、言われてしまうかもしれません。でもそのような気がします。
実際、今の若者達は、働くということにどれほどの夢や、希望や、やりがいを求めているのでしょうか。中にはきちんとした考えを持って、働いている人もいると思いますが、せっかく就職してもすぐ辞めてしまうような若者達をみると、疑問に思うこともあります。
派遣会社の給料
採用する側の都合もあるとは思いますが、結婚して家族として暮らしていけるような社会としての仕組みを是非作って欲しいと思います。

増え続けている派遣会社と派遣社員

昨今、日本では非正規雇用の労働者が右肩上がりに増加しています。特に派遣会社の数は年々増えてきていて、今ではコンビニエンスストアよりも数が多いという状況です。

 

それでは、同じ非正規雇用の代表とも呼ばれている派遣社員と一般のアルバイトは、何がどう違うのでしょうか。

 

派遣社員は派遣会社に登録をして、派遣先企業で業務を行います。即ち雇用関係は派遣社員と派遣会社になり、給与も派遣会社から支払われることとなっています。

 

それに対してアルバイトは企業に直接雇用をされているため、当然に雇用関係は実際に働いている企業となります。

 

つまり、企業が派遣社員を使用する場合は賃金にプラスして、派遣会社に手間賃を支払っていることになるのです。

 

それならば最初から派遣社員を使わずに、直接雇用したアルバイトのみで業務を行えば良いとも思うのですが、季節ごとに繁忙期がある会社やなかなかアルバイトが集まらない会社などは派遣社員が必要になるのです。

 

一般的に派遣会社は常にフリーの登録者が待機しているため、数ヵ月だけ、あるいは一日だけ労働者が欲しし場合でも、派遣会社は人を用意出来るのです。 

 

このような事情から、何時でも来てくれて何時でも打ち切れる派遣社員は企業にとってコスト削減の意味で非常に重宝されています。

 

雇用関係が直接的にあるアルバイトの場合は、基本的に30日前に退職を伝えなければならないという制度を考えれば、派遣会社に支払う手間賃など企業にとっては安いものなのでしょう。

 

そのため、日本は異常ともいえるスピードで企業のニーズに答えるための派遣会社が増え続けているのです。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ